大切なペットの犬をがんから守るために。

私たちの家族の一員、ペットの犬は、最近の快適な暮らしにともなって、
人間同様な病気にかかってしまうことがあります。

その一つが、がんです。

しかしながら、人間同様に、早めに気づいて、早期治療を開始したり、
早めの手術で切除してしまえば、完治する確率もアップします。

いつもとちょっと様子が違うな、と思ったら、素人判断せずに、
獣医につれていき、診察をうけることが大切です。

犬のがんで最も多いのが、乳腺腫瘍といわれるものです。
またそのほかにもこりこり、っとしたものがあるな、と思ったら、
脂肪腫、という事もありますので、日ごろから注意して、
観察しながら、なでることが必要です。

大切な家族の一員である犬を、がんから守るためには、
えさをやりすぎて、肥満にしたりしないように注意し、
沢山運動させて、ストレスをためないようにすることが大切です。